Feature

当院の特徴

レーザー治療

当院では鼓膜切開をOtoLAM(オトラム)にて行っています。特に滲出性中耳炎では長期化することも多く、なかなか治らない場合は薬のみの治療では難しいこともあります。そのようなケースでは滲出性中耳炎の治療ガイドラインではチューブ挿入を勧めていますが、オトラムによる鼓膜切開をすることで、チューブ挿入をせずにすむ場合も多くあります。
通常の切開とオトラムによる切開を比べると、通常の切開は紙をカッターで切る感じ、オトラムによる切開は紙に穴開けパンチで穴を開ける感じとイメージできます。通常の切開では切れ目が入るだけですが、オトラムでは丸くくりぬくように穴を開けられます。そうすることで開けた穴が長持ちするのが特徴です。一般的には通常の切開では数日で穴が塞がり、オトラムでは数週間穴が維持できます。チューブになると数ヶ月から1年以上となります。穴がゆっくり閉じることで再発が少なくなります。
また、複数回のオトラムによる切開でも再発する場合はチューブ挿入を行っていますが、オトラムによる切開では出血がほとんどないためチューブ挿入がより安全、確実に行えます。ほとんどの方のチューブ留置を当院で行っています。

キッズスペース

お子さんの待合として二階にキッズスペースを設けています。順番が近づきましたらマイクでお呼び出しいたします。

当院の施設設備

【診察室】
電子ファイバースコープ:鼻の奥や喉を観察します。当院では細径タイプを採用していますので刺激は最小限になります。

高周波電気メス:主に頑固な鼻出血の時に使用します。
ティンパノメトリー:滲出性中耳炎の診断に使用します。鼓膜の動きやすさを調べる検査です。
赤外線フレンツェル:めまいの検査に使います。めまいの時には眼球が動きますが、目を覆って暗くしたところで赤外線カメラで眼球の動きを観察します。

【2階検査室】
介護リフト:検査室は二階になりますが、階段にはリフトがありますので階段のつらい方でも大丈夫です。

オージオメーター:聴力検査の機械です。
重心動揺計:めまいの検査の一つで、まっすぐ立っている時の体の揺れ具合を測定します。
レントゲン:デジタルレントゲンを使用していますので、すぐに結果を確認できます。

【その他】
空気清浄機を各所に設置しています。

カードでのお支払い

クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners、Discover)や、電子マネー(Edy、Suicaなど交通系、nanaco、WAON、QuickPay、iD)、QRコード決済(楽天ペイ、auペイ)がご利用いただけます。

Online medical treatment

オンライン診療

オンライン診療について

新型コロナウイルスの拡大に伴い、今まではできなかったオンライン診療ができるようになりました。特例措置であるため詳細については適宜変更になることがあります。
特に初診(ここで言う初診とは当院に初めて来院する方だけでなく、当院に一定期間未受診だった人を含みます)での取り扱いですが、本来直接患部を見ないと正しい診断が下せません。また、耳鼻咽喉科の場合、患部を患者さんが自分で撮影することも困難です。従いまして、オンラインのみでは非常に限定的な診療しか行えないことをあらかじめご了承ください。特に急性疾患(耳が痛い、喉が痛いなど)では3日程度の初期治療分のみ処方とし、改善が不十分の場合は直接来院していただく必要があります。また、状況によっては初回からオンラインでは無理なケースもございます(例:他でもらった薬が効いていない、食事ができないくらい喉が痛い、急に聞こえが悪くなった、など)

受付時間について

オンライン診療の申し込みメールは24時間受付しています。原則として平日17:00まで、土曜12:00まで、に受付が完了した方は当日診療時間内に連絡を差し上げます。前記時刻を過ぎて受付の場合は翌診療日になります。

オンライン受診
のやり方

当面通常の電話による診療(音声のみ)を行います。
  1. このページの一番下にオンライン診療申し込みページへのリンクを設置してあります。当ページの注意事項をよくお読みになってからお申し込みをお願いします。
  2. 当院からのメールへの返信に保険証の画像を添付してください。保険証画像を確認できた時点で受付完了になります。
  3. 当院から連絡を差し上げまして診療開始となります。
※当院からのメールを受け取れない設定ですと受付ができません。迷惑メール対策などを設定している場合、@nomura-jibika.jpからのメールを受け取れるように設定してください。できるだけメールでの対応をお願いしていますが、のむら耳鼻咽喉科LINE公式アカウント(ID:@779ppnub)をともだち登録していただき、トークから送っていただくことも可能です。

お支払いについて

保険証画像を送信していただいたメールアドレスにオンライン支払いの請求書を送信いたします。Visa、Master、AMEX、JCB、Dinersでの支払いが可能です。原則当日中のお支払いをお願いしています。
オンラインでの支払いを希望されない場合は近日中(おおむね5日以内)に直接来院いただきお支払いをお願いします。
連絡が無くお支払いが確認できない場合、今後のオンライン診療をお断りする場合がございます。また、病状その他の状況によりオンラインでの診療では十分な診療が行えないと判断した場合でも診察料は発生します。当日直接来院していただいた場合はオンライン分の請求は発生しません。

システム利用料
について

オンライン診療をご利用になる場合、通信料などシステム利用料として保険外に500円いただきますのであらかじめご了承ください。

処方箋について

処方箋については希望の薬局に当院からFAXが可能です。薬局名と薬局のFAX番号をお知らせください。特に希望の薬局がなければ当院最寄りの薬局にFAXします。当院最寄り薬局以外での取り扱いについてはあらかじめ薬局に問い合わせて対応可能な範囲を確認しておいてください。直接薬局に取りに行くほか送料患者さん負担で郵送が可能な場合もあります。直接取りに行く場合でも、あらかじめFAXしておくことで調剤待ちの時間が無くなるため受け渡しのみのごく短時間のやりとりで済みます。

上記注意事項を全てお読みいただき納得していただけた場合、下記から必要事項を入力し、送信してください。

お申し込みはこちら

Introduction

機器紹介

オージオメーター

聴力検査の機械です。

レントゲン

デジタルレントゲンを使用していますので、すぐに結果を確認できます。

介護リフト

検査室は二階になりますが、階段にはリフトがありますので階段のつらい方でも大丈夫です。

4機器の名前

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

赤外線フレンツェル

めまいの検査に使います。めまいの時には眼球が動きますが、目を覆って暗くしたところで赤外線カメラで眼球の動きを観察します。

ティンパノメトリー

滲出性中耳炎の診断に使用します。鼓膜の動きやすさを調べる検査です。

7機器の名前

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

8機器の名前

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト